まつエクを長持ちさせる最大の秘訣、それはクレンジングって知ってた!?

まつげエクステ マツエク トータルナビ matsueku matugeekusute

 

まつエクを長持ちさせるには、クレンジングがとっても重要ということは知っていますか?

クレンジングの選び方や、正しく行うことがまつエクを長持ちさせる最大の秘訣!

 

まつエクを長持ちさせるためには、どんなクレンジングを選ぶべきなのか、まつエク10年以上の私の経験をもとにご紹介します。

この記事では、次のような順番でお話ししていきます。

 

  • まつエクを長持ちさせる最大の秘訣、それはクレンジングって知ってた!?
  • まつエクを長持ちさせるクレンジングの選び方
  • まつエクを長持ちさせるクレンジングの方法
  • まつエクを長持ちさせるには、クレンジング以外に必要なことってあるの?

 



 

まつエクを長持ちさせる最大の秘訣、それはクレンジングって知ってた!?

 

まつげエクステ マツエク トータルナビ matsueku matugeekusute

 

まつエクを長持ちさせたいですよね。

まつエクをつけに行く時間や、費用がかかるので、できるだけ1度の施術で長持ちさせたい!

では、まつエクを長持ちさせるには何が大切かというと、まさに「クレンジング」です!

 

まつエクを意識したクレンジングを行うだけで、私はまつエクのモチが1週間くらい違うと感じています。

 

 

 

まつエクは自まつ毛にグルーで1本1本丁寧に着けられている状態です。

でも、そのグルーがついている場所はまつ毛の根元部分だけ。

ということは、その部分がずれたり、ちょっとでも剥がれたりすると、まつ毛の向きが変わったり、とれやすくなるのです。

 

例えば、私たち人が普通の道を歩く時と、平均台の上を歩く時では体の安定度は大きく違いますよね。

体をちょっと押されただけでも、平均台に乗っている時は落ちてしまったり、フラフラしてしまいます。

 

まつエクも、まつ毛全体をまつ毛につけているわけではないので、根元部分だけの接着だととても不安定な状態。

クレンジングやタオル、メイクなどのちょっとした刺激で変な方向を向いたり、とれてしまうのです。

そのため、できるだけ刺激を与えないことがまつエクのモチをよくする方法。

 

 

極端な話をすると、私は1度ノーメイクで1週間過ごした際、まったくまつエクの状態が悪くならなかったんです。

 

これは、まつエクを触らないようにしていたことが大きく関係しています。

洗顔時ですら、目元にはほとんど触っていません。(笑)

アイリストさんにも「まつエクはできるだけ触らないでくださいね~」と言われる理由が、この時に理解できました。

 

 

特に、まつエクをつけた日は要注意!

水に濡らしたりしてはNGだし、クレンジングをするのはもってのほか!

 

水に濡らしたり、クレンジングをすることでモチが悪くなるだけでなく、アレルギー反応が出る可能性もあるからです。(→まつエクでアレルギー反応とは?)

グルーが乾ききるまでは、できるだけクレンジングや洗顔を避けることはモチを良くするため、そして目やお肌を守るためでもあるんです。(→まつエクをつけてから、どれくらい気をつける必要があるの?)

 



 

まつエクを長持ちさせるクレンジングの選び方

 

まつげエクステ マツエク トータルナビ matsueku matugeekusute

 

まつエクを長持ちさせるため、そして目元をアレルギー反応から守るためにはクレンジングの選び方がとても大切です。

その理由は、まつエクをつけているグルーは「溶ける」といった可能性があるから。

 

問題は、サロンさんごとに使っているグルーが違うため、グルーが溶ける「原因」となる物質が1つとは言えないこと。

 

 

 

ということは、使っているまつエクグルーに「問題のないクレンジング」を選ぶことが大切です。

まずサロンさんにどのグルーを使っていて、クレンジングで問題のないものはどれか聞いてみるのが確実な方法です。

でも、サロンさんごとに違うのでサロンさんを変えるたびに質問して、それに合わせてクレンジングを変えるのも大変。

 

そこで、まつエクグルーに対してアレルギー反応を起こさないとされている「まつエクOK」のクレンジングを選ぶと便利です。

まつエクサロンさんごとにクレンジングを変える必要もないし、安全性も確保されます。

まつエクOKのクレンジングを選ぶ際は、次のことをチェックしましょう♪

 

 

まつエクOKのクレンジング選びのポイント
  • まつエクOKという記載がある
  • オイルフリーのもの

 

 

最近ではオイルクレンジングがOKなグルーを使用しているサロンさんもあります。

そのため、前ほど「オイルは絶対にNG」というわけではありません。

ただ、それでもモチをよくするにはオイルフリーのものの方が「モチが良い」という傾向があります。

 

オイルタイプのものよりも、「水溶性成分」が主体になっているものがまつエクのクレンジングには向いています。

  • 乳液タイプ
  • ローションタイプ
  • ジェルタイプ

これらのタイプであれば、まつエクへの刺激が少ない傾向があります。

 

 

実際に私もいくつかのクレンジングを使ってみたのですが、やっぱりモチの良さには違いがあるように感じます。

それに、まつエクのモチだけでなく、ファンデやアイラインなどのメイクを落とす力も重要ですよね。

そこで私が個人的におススメなのは、タイプ別にみると次のクレンジングです。

 

 

 

 

ファンケルはオイルに似た感覚で使えるので、洗浄力はかなり高め!

オイルフリーで無添加なので、お肌にもまつエクにも安心して使えるおススメアイテムです。

 

一方、マナラはお肌に優しいジェルタイプ。

濃いめのアイメイクは落ちにくいので、アイラインや口紅などのポイントメイクが濃い人はポイントリムーバーを一緒に使う必要があります。

ただ、その手間を考えたとしてもマナラのジェルクレンジングは超気持ちがいい!

 

成分の約94%が美容成分でできているので、とにかくお肌に優しい素晴らしいクレンジングです。

以前は洗浄力重視だったのですが、30代に入ってからお肌にかける負担の少ないマナラに心を奪われています。(笑)

 

 

洗浄力が気になる場合は、オイルタイプでもまつエクOKと言われている4つのクレンジングで比較をしてみました。

その結果はコチラから見ることができるので、洗浄力重視で迷っている方は参考にしてみてください。(→まつエクOKのクレンジングを比較してみた、洗浄力の高さと使い心地の結果は?)

 



 

まつエクを長持ちさせるクレンジングの方法

 

まつげエクステ マツエク トータルナビ matsueku matugeekusute

 

まつエクを長持ちさせるためには、クレンジング方法もとっても大切です。

せっかく良いクレンジングを選んでも、ゴシゴシこすりまくって洗っていると意味がありません。

 

まつエクをつけている時に気をつけることは、できるだけまつエクに触れないということ!

 

 

 

でも、それって超難しいですよね。(笑)

アイメイクを落としたいし、目元に触れないわけにはいきません。

 

ということで、正しいクレンジング方法を次のページで詳しくご紹介しています。

動画と一緒にご紹介しているので、分かりやすいかと思います。(→まつエクに刺激を与えない、正しいクレンジング方法)

 

 

まつエクを長持ちさせるには、クレンジング以外に必要なことってあるの?

 

まつげエクステ マツエク トータルナビ matsueku matugeekusute

 

まつエクを長持ちさせるには、クレンジング以外にも気をつけるべきことがあります。

それは次の3つのことです。

 

  • まつエクをつけたときから、乾くまではできるだけ濡らさない
  • 自まつ毛を育てる
  • 目元にできるだけ刺激を与えない

 

まつエクをつけた直後は、乾くのに時間がかかります。

乾くまでどれくらい時間がかかるのか、そしてどうやって対処するのかをコチラでご紹介しています。(→まつエクが乾くまでどれくらい?お風呂もNG?)

 

また、自まつ毛を育てることもモチの良さにつながっています。

自まつ毛が多い、長い、健康的な場合は、まつエクのモチが格段に違います。

クレンジングと一緒に意識をすれば、まつエクのモチは1週間以上違うと実感しています。

 

自まつ毛を育ているには「まつ毛美容液」を使うことがベストです。

その理由を次のページでお話ししていきます。(→自まつ毛を育てるために、まつ毛美容液を使うのはなぜ?)

 

そして、まつエクに刺激を与えないためにも、目元をこすったり、まつエクを触ったりしないようにすることが大切です。

刺激が少ないほどまつエクのモチは良くなるので、目元には刺激を与えないように気をつけましょう。