マツエクしてると要注意!?アイラインの引き方と選び方

マツエクをしていても、目元を強調するためにアイメイクは欠かせないものです。

しかし、アイライナーによってはマツエクをぼろぼろにしてしまうこともあるんです。

でもアイラインは欠かせない!

 

女性 マツエク matsueku matsuge

 

…そんなあなたのためにマツエクを長持ちさせるためのアイラインの引き方、そして選び方をご紹介します!

ぜひ参考にしてアイメイクをプラスし、思い通りの目元を作りましょう!



 

マツエクにアイラインをするとどうなる?

 

アイメイクは、目元を魅力的にするためには欠かせないものです。

 

マツエクをしたときに何も注意をせずにアイラインを引いたら、どのようになってしまうのでしょうか?

 

 

 

また、既にマツエクをしているまぶたにアイラインを引いてしまい、失敗してしまった方もいるかもしれないですね。

もうそんな失敗をしないために、マツエクにアイラインを注意せずにするとどうなるのか確認しておきましょう。

 

アイライナーのタイプによってマツエクがぐちゃぐちゃ

 

 

アイライナーには、ペンシルタイプ、リキッドタイプ…などさまざまな種類のものが出回っていますよね。

人によって、使いやすいものがあるはずです。

しかし、マツエクをしているときだけでも、マツエクにピッタリのアイライナーを使うべき。

そうしなければ、アイラインの引き方にもよりますが、せっかく付けたマツエクがぐちゃぐちゃになってしまうなんていうことも。

 

アイライナーのタイプによって繊維がついてしまう

 

eyeliner

 

アイライナーのフェルトタイプは、とても書きやすいですよね。

しかし、フェルトは繊維がたくさん重なってできているものなので、マツエクにその繊維がくっついてしまうことがあるんです。

マツエクを装着している部分にフェルトがあたってしまうと、そこに繊維がひっかかりマツエクが取れやすくなるなんていうことも。



 

マツエクのアイライン、じゃあどう引けばいいの?

 

eyeliner

 

マツエクをよく見せるためにも、アイラインの引き方で注意すべきことをチェックしておきましょう。

 

細かく書いてラインを作る

 

一気にラインを引くのではなく、ちょこちょこと引くようにしましょう。

そうすれば、マツエクのついているまつげの根元を刺激しません。

 

できればフェルトタイプはNG

 

さきほどもお伝えしましたが、フェルトタイプは繊維がひっかかるので使わない。

 

メイク落としも慎重にする

 

ちょこちょことアイラインを引くことが出来ても、メイク落としでマツエクがぼろぼろになることも。

できればオイルフリーで、そしてコットンは遣わないやり方で落としてください。

分かるかと思いますが、コットンにも繊維がたっぷりついていますよね。というか繊維でできてますよね。

 

アイライナーはこうやって選ぶべし

 

アイライナーの選び方も重要!

特に”繊維質ではないもの”を選ぶようにしましょう。

そう考えると、リキッドタイプやジェルタイプがオススメです。

ちなみに私は、リキッドタイプのアイライナーを使って、ジェルのアイライナーを引いています。

ダブル使いです!(笑)

 

eyeliner

 

しかし、ちょっとリキッドやジェルのような、濃いアイラインは・・・という方もいらっしゃいますよね。

でも、慣れていない方はペンシルの場合、根元を強くこすることになるので、マツエクをぼろぼろにしてしまうことも。

そんなときは以下のポイントに注目して選んでみて!

 

  • リキッドタイプ(やわらかめ、あるいは細くかけるもの)
  • ジェルタイプ

 

これらを踏まえて、オススメのアイラインをご紹介しますね♪



 

オススメのアイライナーはこれ!

 

私が使っているジェルアイライナーで、マツエクでも大丈夫なものはこちらです♪

値段もお手頃価格で3000円以下なんですよ〜。

 

 

購入はここからできますよ〜♪

色もいろんなバリエーションがあります。

 

 

ただ、ジェルアイライナーで問題なのは、筆です。

アイライナーに筆がセットでついてくることが多いですが、この筆は「使うごとに綺麗にしないといけない」という手間がかかります。

絵の具の筆と同じような感じですよね。

 

 

しかも、ジェルがついたまま放置をすると、筆の先が固まってしまって、上手にラインがかけなくなってしまうのです。

それってとっても面倒だし、手間ですよね。

そこで、私はジェルアイライナーを使用するときには「筆を使いません!」。

でも、その代わりに”リキッドアイライナー”を筆として利用します。

 

筆として利用をするだけなので、安いリキッドアイライナーで大丈夫です。

例えばこのようなタイプのものですね。

もともとリキッドアイライナーなどの筆は、ずっとアイラインが染み込んでいる状態なので、

ジェルがついても固まらないように作られています。

なので、筆として利用をしても毎回洗わなくてOK使ったまま放置もOK!ということです♪

すごく便利だし、マツエクのモチにもほとんど影響を与えません。

 

通常、ジェルアイライナーとセットでついている筆と同じように、

リキッドアイライナーにジェルをつけて、それを目元に引いていくだけです。

すごく便利ですよ〜。

ぜひ、試してみてください♪