まつげエクステのデメリット!ホントは危険!?

上向いているまつ毛は、女性だけではなく最近では男性も手にいれたい”美の象徴”ですね。

それを叶えてくれるのが”まつげエクステ”!毎日のメイクでビューラーをして、マスカラをする動作をしなくていいので時短メイクにも繋がりますし、

なんといってもすっぴんまでも可愛くできる♪

 

 

そんなまつげエクステですが、実はデメリットがあるのをご存知ですか?

この記事では、ホントは危険!?

なまつげエクステのデメリットをご紹介します。



まつげエクステのデメリット!ホントは危険!?グルー(接着剤)が原因の結膜炎

 

まつげエクステは、人工のまつげを元々まぶたに生えているまつ毛につけるというもの。

工作をしたことがある方なら分かると思いますが、ヒモを画用紙にくっつけるにはノリだとかボンドを使いませんか?

まつげエクステも同じように、接着剤を使ってまつげエクステをつけていくんです!

 

まつげエクステというのは、モノにもよりますが本当に細い。

そのまつげエクステを地まつげ(あなたの元々のまつげ)につけるツイーザーもとっても鋭いもの。

 

でも、まつげエクステを装着するのに慣れていない方が行なったりすると、そのグルー(接着剤)が目の中に入ってしまうんですよね。

入らないように、まつげエクステを装着する時にはまぶたをあげるテープを貼ったりするのですが、接着剤は液体ですから眼球に入ってもおかしくないのです。

そして、眼球に入ってしまったグルー(接着剤)によって、目が痛くなってしまったり、充血、さらには結膜炎を起こしてしまうことも…!

これは一時期、テレビで取り上げられるほどの問題になりました。

 

全てにおいて結膜炎、目の痛みなどを起こすわけではありませんが、最悪の場合に失明と考えるとこのまつげエクステのデメリットは危険です。

そんなことを言われても、メイク時短&すっぴんも可愛くいられるなら少しの痛みはガマンできてしまいそうですよね。

それも危険なので気をつけましょう!



まつげエクステのデメリット!ホントは危険!?まつげエクステがあなたの目を傷つける

 

グルーが目にしみて目を傷つけることもあれば、私たちを可愛くしてくれるあの”まつげエクステ”そのものが私たちを傷つけることがあるんです。

まつげエクステをつけていて、違和感があるのはイヤですよね。

そうしないために、いかにも本当のまつげに似るように細く作られているんです。

 

 

そのため、まつげエクステを装着するときはもちろんのこと、まつげエクステを装着した後の生活でも眼球に入り込んでしまう恐れがあるんです。

まつげエクステを装着してからは、目をこすってはいけないもの。

しかし、筆者はどうしても目がかゆくて(普通のゴミが入り込んだと思われる)まつげエクステが取れない程度に優しくまつげの根元をこすった経験があります。

 

その後、なんだか目が痛い。

鏡をみてみると、なんとまつげエクステがくるりと回転しま、まぶたの中に入り込んでいたのです。

小指ですぐに取り出しました。その際にまつげエクステは、地まつげにしっかり装着していたからよかったものの、

もしもそのまままつげエクステが取れていたらと思うと…ぞっとします。

 

コンタクトレンズが眼球の横だとか、裏付近に行ってしまったとき並の恐怖です。

そんな恐怖だけではなく、眼球を傷つけていることに変わりはありません。

眼球が傷つけられると視力低下にも繋がります。

かなり危険なデメリットです。



まつげエクステのデメリット!デメリットを理解しよう

 

これまでにまつげエクステによる危険なデメリットをご紹介しました。

しかし、まつげエクステをおこなう全ての人がその危険な状態になってしまうというわけではありません。

サロンに通っているのであれば、その担当者の注意事項をしっかり聞き守りましょう。

 

 

まつ毛エクステでも可能なクレンジングを使うとか、マツエク(まつ毛エクステ)のメイク落とし、方法はどうやってするのがいいの?

目元のケアをしっかりするとか、マツエク美容液ランキング!TOP3はコレ!

自分で危険を回避する方法も見につけましょう!

 

また、セルフで装着している方は、眼球にグルーが入らないように真剣に行なうようにしましょう。

まつげエクステをしているということは、これらの危険にさらされているということです。

かわいい、美しい毎日を作るためにも、気をつけていきましょうね!