まつ毛エクステ、もちの平均はどれくらい?

まつ毛エクステに挑戦したい!

でも、もちの平均はどれくらい?まつ毛エクステをつけてみて、どれくらいもつのか知りたい!

そんな方のために、平均でどれくらいの期間もちがあるのかまとめてみました!

 



まつ毛エクステ、もちの平均はどれくらい?

まつ毛エクステは、どれくらいもつのか気になりますよね。

それによってつけるかどうかも考えます。

 

 

もちろん半永久的に使用できるものではありません。

サロンでつけたエクステは、時間が経つにつれ負荷がかかり、だんだんに崩れたりしてきてしまうものです。

まつ毛は生え変わりもあるので、まつ毛が抜ける時に一緒に取れたり、洗顔をする時に抜けてしまったり。

 

いろんなことが原因でエクステは取れたり、バラついたりしてきます。

私もまつ毛エクステをつけ初めて10年くらいになります。

私個人的な経験だと、だいたい2〜3週間くらいで付け替えが必要かな、と感じています。

 

一般的には、まつ毛の生え変わりの周期が、3週間~4週間くらいだと言われています。

これは人によって変わるので、絶対とは言えませんが、平均でそう言われています。

2~3週間くらいになると、まつ毛エクステのばらつきが気になって、メンテナンスに訪れる方も多いと言われています。

 

ただ、どれくらいのボリュームをつけているか、どんなタイプのつけ方をしているかによっても変わってきます。

中には1ヶ月以上経っても、全く気にならない方もいらっしゃます。



まつ毛エクステ、持ちが違う理由

 

 

まつ毛エクステのもちは様々な要因が元となって違ってきます。

アナタのまつ毛エクステをつける環境や、生活スタイルが影響するからです。

 

まつエクの持ちを左右する要因

  • アイリストさんの技術力
  • 商材の質
  • グルーのタイプ
  • 装着時の部屋の気温や湿度
  • ご自身のまつ毛の生えている量・長さ
  • まつ毛の生え変わる周期
  • 洗顔方法
  • まつ毛エクステの種類
  • ケアの方法

 

こうやって見ると、様々なことが要因になっていることがわかります。

ご自身のまつ毛のケアをすること、そしてご自身のまつ毛に合ったまつ毛エクステを選ぶことも大切になってきます。

実は、まつ毛エクステのもちを長くするには、あるポイントを守るとちょっと良くなることもあるんです!



まつ毛エクステ、もちを良くする方法

 

まつ毛エクステのもちを良くするためには、いくつか方法があります!

それがこちらです!

  1. 軽いタイプのまつ毛エクステを選ぶこと
  2. 長さは自分のまつ毛に合った長さを選ぶ
  3. 洗顔は丁寧に
  4. 自分に合ったグルーを使っているサロンを選ぶ
  5. 自まつ毛をケアする
  6. 美容液をしようする



軽いタイプのまつ毛エクステを選ぶこと

 

極端に太いものや長いもの、束タイプのものは、より重いために負荷がかかりやすく取れやすくなることも多いです。

軽いタイプのまつ毛を選ぶことで、自まつ毛への負担を減らします。

サロンには様々な素材のマツエクがありますが、人気のセーブルエクステはもちが良いという評判のエクステです。

 

 

軽いだけでなく、自まつ毛への接着力も強くなります。

そうすることで、まつ毛が抜けにくくなり、まつ毛エクステのもちも良くなります。

 

長さは自分のまつ毛に合った長さを選ぶ

 

 

だいたいの目安は、自まつ毛よりほんの少し長いか、同じくらいの長さを選ぶと良いです。

見た目も自然に見える上に、もちも良くなります。

 

だからこそ、自まつ毛をケアしたり、伸ばすことも大切になってきます。

自まつ毛や地肌の美容液を使用することも効果的!

 

洗顔は丁寧に

 

目元を洗う際に、優しく丁寧に洗うことが大切です。

洗わないと衛生的に良くないので、洗うことは必要です。

しかし、洗う時に雑にしてしまうともちが悪くなっていきます。

まつ毛エクステのバラツキも早くなる傾向があります。

 

 

しかも、まつエクをしているときには「オイル」が配合されたクレンジングは使用できません。

マツエクをしている時に適した「クレンジング」「メイク落とし」を使うことが大切です。

オイルが入っていなくてもクレンジング力があったり、オイルが入っていてもまつエクOKなクレンジングもあります。

アナタのメイクを適度に落としきることができるものを選びましょう。(→マツエクOK!クレンジング力高めのオススメメイク落とし)



自分にあったグルーを使うサロンを選ぶ

 

まつ毛エクステのもちは、グルーと呼ばれる接着剤の種類によっても変わります。

グルーは、自まつ毛とまつ毛エクステを接着するための「ノリ」のようなものです。

ですので、このグルー自体にあまり接着力が無いと、もちは悪くなります。

グルーの種類もたくさんあります。

肌が弱い方のために低刺激のもの、低アレルギーのものもあります。

 

ただ、そういったグルーの方が接着力は弱いのです。

もちの良いタイプのグルーの場合は、刺激が強すぎるケースも多くあります。

こればかりは、ご自身の体の調子に合わせることが大切です。

 

 

やや刺激強目でも大丈夫という方は、アイリストさんに長持ちを重視と伝えれば、強めのグルーで施術してくれることもあります。

ご自身に合ったグルーを使うサロンを見つけることで、もちも変わってきます。

オススメのサロン一覧はこちらです。

また、装着時の部屋の環境にも関係します。

 

適度な温度と湿度を保たないと、しっかりとグルーが固まらなかったり不完全となってしまうこともあります。

まつ毛エクステをつけた直後6〜8時間は水に濡らさないように、とも言われます。

これは6〜8時間かけてグルーが乾くためです。

なので、完全に乾ききるまでの状態もまつ毛エクステのもちに関係します。



自まつ毛のケアをする

 

 

まつ毛エクステは、自まつ毛に装着していきます。

ということは、自まつ毛が少なかったり、短かったりすると「抜けやすい」「つけることのできる量が減る」という原因になります。

まつ毛エクステを長くもつようにするためには、自まつ毛を育てたり、ケアすることは必須です。

 

まつ毛を長くする美容液、自まつ毛を強くするものも販売されています。(→美容液はこれで決まり!オススメの美容液TOP3!!)

長くまつ毛エクステを楽しむためにも、自まつ毛のケアをしてあげましょう!