マツエクの種類、カールや太さはどうやって選ぶと理想に近づける?

まつげエクステ マツエク トータルナビ matsueku matugeekusute

マツエクをしている人ってなんだかキレイだし、メイクの時短にもなって良さそうだなぁ。

でも、マツエクの種類とカールっていったいなんなのだろう?難しいから、やっぱやーめた!

…なんて、マツエクを諦めていませんか?

 

それってとてももったいない!

なぜならば、マツエクの種類は簡単に知ることができちゃうからなんです♪

マツエクライフを楽しむために参考にしてくださいね!

 



 

まつエクの種類って、どんな違いがあるの?

 

まつ毛エクステについて調べていると、だいたい次の3つの種類が出てきますよね。

 

  • ミンク
  • シルク
  • セーブル

 

どこかで聞いたことのあるような言葉だけど・・・

この3種類のまつ毛エクステの違いってなんなのだろう・・・?

 

 

きっと誰もがそのように感じたことのあるはず!

まずは、まつ毛エクステの種類の違いを簡単にご説明します。

 

まつ毛エクステの種類”ミンク”とは?

 

出典:https://www.beauty-park.jp/shop/178540/catalog/19210/

 

ミンクは、柔らかくまつ毛への密着度が高いまつ毛エクステになります♪

まつ毛エクステには、柔らかさがあったほうがつけた後に違和感を感じにくいんです。

 

また、軽い付け心地!

それにマットな印象や華やかな印象を与えることができるので、今よりもパッと輝きたい方にオススメですね♪

 

まつ毛エクステの種類”シルク”

 
出典:https://ponpare.jp/naileye/hokkaido/sapporo/0244354/

 

シルクは、ミンクとは反対に固めの素材でできているまつ毛エクステになります。

そのため、まつ毛エクステにしっかりとカールが記憶されているのでカールが取れにくい!

 

また、ツヤもあるので印象的な目元を作り出せるんです。

束ねたイメージを与えることができるので、遊び感覚だけではなく職場などの公の場所にもピッタリ。

シルクは、固めの素材なので人によってはつけている間に違和感を感じてしまうことも。

 

まつ毛エクステの種類”セーブル”

出典:https://minimodel.jp/list/3/14/24/0

 

3つのまつ毛エクステの種類のなかでもっとも、”自まつげ”に近い素材です!

そのため、いかにもマツエクしてる印象を与えません。

 

また、柔らかく軽い素材なのでつけ心地もよく、また違和感を感じにくいんですね♪

サロンでは、ミンク・シルクよりも少しお高めの価格で提供されていることが多いのですがそれだけモチもよい!

もしも、金額を気にせずにとにかく「モチがよく」「自然」にしたいのであれば、セーブルがおすすめ。



 

マツエクの種類、カールを選ぶ方法

 

マツエクには、カールにも種類がありますよね♪

Cカール、JCカール、Jカール、CCカール、Dカール、Mカールがそれぞれどんな印象を与えてくれるのかご紹介します!

ずばり、マツエクのカールはあなたがなりたいイメージにあっているものを選ぶようにしてくださいね。

 

そして、さらに上向きのカールがあるんです!

それがこちら!Mカールです♪

Jカール

Cカールに比べるとカールはかなり弱い。

とはいっても、カールはありますよ。

マツエク全体がカールしているCカールとは違って、毛先だけがやさしくカールしています。

そのため、ナチュラルにみせやすい。

また、つけ方によってはタレ目風にできることも。

JCカール

ぱっちり目にしてくれるCカールと主張しすぎない

Jカールの間くらいのカール度なのがJCカールです。

これは、華やかにしたけれどそこまで印象的にしすぎたくないという方におすすめです。

Cカールまでとはいわないですが、しっかりカールがクルン♪としています。

Cカール

かなりクルン♪とカールされているのがCカールです。

そのため、ぱっちりしたお人形さんのようなかわいらしい目にしてくれます。

CCカール
CCカールは、Cカールよりも強めのカールです。
いかにもマツエクをつけている印象を与えます。
ナチュラルではなくゴージャスにしたい!とにかく目元を強調したい!という方にオススメ。
Mカール

2015年あたりに登場した新しいマツエクの種類です。

Mカールは根元からカールがかかっているマツエクのため、自まつげに装着する範囲が小さい。

ということは、自まつげへの負担が少ないマツエクなんです。

CカールやCCカールまで華やかではありませんが、一度ビューラーをしたような目元に。

 

このように、好きなカールの度合いのものを選ぶと、理想のデザインに近くなります。

デザインを決める際は、いろいろな芸能人の方を見て考える方もいらっしゃるんですよ♡

私もドラマなどを見ていて「このデザイン可愛いな~」と思ったら参考にしています。

 



 

マツエクの種類、太さの選び方

 

次にマツエクの太さの種類をみていきましょう!

どんな種類があるのか?また、それぞれの印象はどんなものなのか?チェックしてくださいね。

0.10mm
一番細いマツエクの種類。つけ心地を軽くしたい!
また、ナチュラルのなかのナチュラルを極めたい方におすすめ。
なぜならば、自まつげとほぼ同じ太さだからです。
0.12mm

自まつげに近い太さなので、こちらもナチュラルさを出すにはピッタリ。

0.15mm

太すぎず細すぎず。

ナチュラルがいいけれど、目元には濃さを出したい方向け。

また、0.1mmで満足しなかったのであれば、0.15mmにトライしてみて。

0.18mm
やや太めのマツエクの種類。そのため、ナチュラルさはほぼなし。
マツエクをつけている感が出される。
アイメイクは少し濃い目が好きな方におすすめ。
0.20mm

かなり太めのマツエクの種類。

つけるだけでかなり目元を強調できるので、アイメイクばっちり派にはかなりおすすめ。

0.25mm
かなり太い。1本つけるだけでも人によっては、つけ心地に違和感を感じることも。
しかし、本数が少なくても目元を強調できるので華やかさが欲しい方におすすめ。

 

まつエクの細さが細いほど、ナチュラルなデザインになります。

逆に、太くなるほど目力は強くなるけれど、自然さはなくなります。

こういったメリットデメリットを考えたうえで、太さを決めるのも大切です。

 



 

マツエクの種類、3dってなに?

 

2016年以降になってから、マツエク界に”3Dマツエク”というものが誕生しました。

これは、本来のマツエクの太さの種類にあった0.1mmよりも細いマツエクを自まつげに装着する方法なんです♪

 

なんと0.05mmや0.06mmのとっても欲しいマツエクを、1本の自まつげにいくつか装着します。

細めのマツエクなので、1本にたくさん装着しても軽いつけ心地を堪能することができるんです。

また、自まつげが少ない方でも本数を増やすことができる画期的なアイテム!

 

 

今までだったらまつげが少ないから…なんてあきらめていた方でも、

マツエクにチャレンジできる時代がきたんですね!

 

軽い3Dのマツエクにして、まつ毛に負担をかけないようにしながら自まつ毛を伸ばすのも一つの手!

マツエクを休みたくない方にもオススメですね。

 

まつエクを楽しむ場合は、自まつ毛を育てながらでないとスカスカなまつ毛になりがち。

まつエクを楽しむのであれば、しっかりとケアを同時にすることをおススメします。

マツエクが長持ちする!?美容液を塗ったらいいってホント!?

まつエク中のアイメイクの落とし方、モチを良くするポイントは6つ!

マツエクのメイク落とし、ファンケルがオススメの理由!